煩雑で複雑な相続手続き

相続の手続きは実に多種多様であり、また煩雑かつ複雑なものが多いという特徴があります。

相続人どうしの話がまとまっていないとか、面識のない相続人がいるようなケースでは、手続以前に感情面でも色々なハードルあり、相続協議の内容がまとめるのに時間がかかることが多いのが実情です。

相続人が認知症の場合で後見人が就任していない場合は、先ずは成年後見人選任の申立から始める必要もあります。

海外に相続人がいるような場合は、書類のやり取りに時間がかかり、手続きに必要以上の時間を要します。

以下に煩雑かつ複雑になりやすい相続手続を掲載しておきましたので、ご確認ください。

複雑な相続手続き コンテンツ一覧

相続人が多くて話がまとまらない場合>>
面識のない相続人がいる場合>>
相続人が未成年の場合>>
海外に在住している相続人がいる場合>>
相続人が行方不明の場合>>
相続人が認知症の場合>>

皆様に代わって、すべての煩雑かつ複雑な相続手続きを、相続専門の当事務所がお引き受けいたします。ご依頼人の皆様には、故人のご冥福を祈り、思い出を大切に振り返るお時間を過ごして頂きたいと考えています。


相続・遺言の無料相談受付中! 無料休日相談会開催中! 0120-827-540 何度でもわかるまで無料でご説明します! 詳細はこちら