遺言の失敗事例

失敗事例1

真山さん(仮名)は、子供のうちの一人(A)と同居していました。Aはほかの兄弟たちが母親である真山さん本人に会ったり、旅行や買い物に連れて行くことに対して、とても神経質になっていました。『会うときは自分を通さなければいけない』と言って、直接の面会を制限していました。

少し極端な対応ではあったのですが、母親の世話を一生懸命する、母思いの子だと他の兄弟たちは思っていました。

しかしほかの兄弟たちは、母親が亡くなった後にようやく、Aが母親を自分たちに会わせない理由が分かったのです。

母親はAに全財産を相続させるという内容の自筆証書遺言を作成しており、Aは、そのことを他の兄弟たちに知られたくなかったのです。

真山さんが亡くなった後ほかの子供たちは、遺言無効確認調停、遺産調査や遺留分減殺請求に多大な労力を強いられることになりました…。

このようなケースでは、できるだけ早く専門家に相談し、専門家を通じて対処しておけば、相続人全員が疲弊しきってしまうような事はなかったはずでした。

失敗事例2

私たちは三人兄弟姉妹です。一番上が長男の洋介、二番目が長女の雅子、そして次女の私です。

兄、洋介は妻子と長年別居しておりました。そのため近所に住む姉と私が兄の洋介の世話をしていましたので、兄は妻子には相続させずに姉と私に相続させたいと常々話しておりました。

しかし兄は遺言を残すことなく、他界してしまいました。そして遺言がないばかりに、姉と私は兄の遺産を相続することなく、別居中で不仲な、兄の嫁と子供に全ての遺産が渡ってしまいました。

後日、専門家に話を聞く機会があり、「妻子には遺留分が存在するので遺産全部を渡さないということは不可能だが、遺言に『姉と私に相続をさせる旨』を記しておけば、遺贈という形式で遺産は相続できた」と言われたのです。

私たちに知識がなかったばかりに、兄の想いが実現できず、悔しくてしょうがありません。

もっと早く専門家に相談すればよかったと、後悔しています。

 


相続・遺言の無料相談受付中! 無料休日相談会開催中! 0120-827-540 何度でもわかるまで無料でご説明します! 詳細はこちら