司法書士と弁護士と税理士の違い

相続手続きは、どのような専門家に依頼すればよいのでしょうか。

司法書士

まず、司法書士は「登記」の専門家ですので、相続不動産の名義変更(相続登記)は司法書士に依頼する必要があり、この相続登記は税理士や行政書士では行うことができません。

また、相続登記のために必要な戸籍収集や遺産分割協議書の作成なども、相続登記と合わせて司法書士に依頼することをお勧めします。

弁護士

弁護士は「訴訟」の専門家であり、相続における弁護士の主な業務は、相続人の代理人としての交渉や訴訟です。

特に争いがない場合の各相続手続きであれば、一般的に司法書士に依頼した方が費用を抑えられます。一方で、自分の代わりに交渉をして欲しいなど、代理人業務は司法書士や税理士は行うことができませんので、遺産の分割を巡って紛争になってしまった場合は弁護士に代理人を依頼したほうがよいでしょう。

税理士

税理士は「税務」の専門家ですので、相続税申告のサポートが主な業務となります。
戸籍収集や遺産分割協議書の作成を代行している税理士もありますが、税理士は相続税の申告業務がメインです。税務申告以外の相続手続きは司法書士に依頼するほうが、早く、費用が少なくて済むことが多いでしょう。

ただし、司法書士は相続税の申告を行うことはできませんので、相続税を支払うことになる場合は税理士に依頼する必要があります。

当事務所では、長年の経験値から、志を同じくする、専門性の高い、信頼できる弁護士や税理士をご紹介しております。仮に、争いになってしまった場合や相続税を支払う可能性がある場合でも、当事務所にご相談いただければ各種相続手続きや相続登記を当事務所が承ったうえで、どの手続きを、どこまで、誰に依頼するのが最適かを見極め、必要に応じて弁護士・税理士をご紹介いたしております。

ご相談は無料ですので、相続のお悩みをお持ちの方はお気軽にお問い合わせください。


相続・遺言の無料相談受付中! 無料休日相談会開催中! 0120-827-540 何度でもわかるまで無料でご説明します! 詳細はこちら