3ヶ月後の相続放棄

相続放棄は原則として、相続が開始したことを知ったときから3ヶ月以内に手続きをとらなければならないことになっています。しかし、亡くなってから3ヶ月の期間が経過した後、借金の請求がきて、そこで初めて借金の存在を知った場合でも、放棄をすることが出来ないということになります。

 

しかし、これまでの判例によると、相続放棄が出来る期間を経過した後でも、債務(借金など)の存在を知らなかった場合など一定の要件を満たせば、自分が相続人という立場であると知り、借金の存在を知った時から3ヶ月以内に相続放棄の手続きをすれば良いとされています。(例外ではあります)

 

3ヶ月後の相続放棄における判断基準

3ヶ月後の相続放棄が認められないケースは以下の通りです。

 

1.相続人として亡くなった方の財産を受け取った、処分した場合

2.相続財産を隠すなどの背信行為をしたとき

3.自分が相続人であること、借金があることを知っていたとき

 

この場合、プラスの財産もマイナスの財産も全て受け継ぐ「単純承認」をしたとみなされます。借金の存在を知った場合は何も手をつけず、まずは専門家に相談した方が良いでしょう。

 

、単純に「3ヶ月以上経過しているのであれば放棄できない」と考えず、まずは当事務所の専門家にご相談下さい。

家庭裁判所への申立のために当事務所が行なっていること

1.徹底したヒアリング

 

当事務所では、当時の状況や事実関係がわかるまで、時にはお客様に 思い出して頂けるまでしっかりとお聞きいたします。その上で、 あらゆる手段を尽くして、申述の決め手となる証拠を一緒に収集します。

 

2.綿密な申述書の作成

 

頂いた全ての情報とヒアリングをもとに、依頼人の方々のお気持ちに添った綿密な申述書を作成します。

 

 

 


  • 登記や法律相談は司法書士吉田合同事務所へ|TEL:0561-82-7540|土日相談可(お電話でご相談下さい)受付時間:9:00-18:00

  • TOPへ戻る