家賃回収

家賃未払い問題(未払い家賃回収)

「何度も家賃を支払うよう言っているが、いっこうに支払ってくれない」

近年、不動産管理会社やマンションオーナー様からのご相談で「賃借人が家賃を支払ってくれない」という「家賃未払い」のご相談を受けることが多くなりました。

賃借人は一度家賃を滞納してしまうと、翌月からも恒常的に滞納をするようになりがちです。

そのまますぐに法的手続きなどの対策をとらなければ滞納家賃を回収できなくなってしまうケースが多く見受けられます。

賃料を支払わない賃借人に対しては、

1. 未払い家賃の請求

2. 賃料未払いによる契約解除及び建物明渡請求

などの法的対策をなるべく早期に行なわなければなりません。

これらの対策が遅れてしまうと、滞納家賃が積み重なり、不動産経営を悪化させることに繋がります。また、賃借人の経済状況もすぐに退去することが出来ないほど悪化していることも少なくなく、訴訟後、強制執行まで居座るというケースも珍しくありません。

未払い家賃を防ぐためにも、早期の法的対策が取れるように、対処できる専門家にすぐに相談できる体制を整えておくことが重要です。

未払い家賃回収の流れ

まずは、家賃を未払い状態の賃借人と交渉を行ないます。支払い請求に応じない場合には連帯保証人、または、保証会社へ請求を行ないます。

それでも支払いを拒絶されてしまった場合には、賃借人及び連帯保証人に対して、少額訴訟を行ないます。また、少額訴訟と並行して、家賃未払いを理由に賃貸借契約の解除及び建物明渡し請求を行います。


相続・遺言の無料相談受付中! 無料休日相談会開催中! 0120-827-540 何度でもわかるまで無料でご説明します! 詳細はこちら